今朝、大きな樹の下に蝉の抜け殻と、蝉の亡骸がありました。
それを見て、なんだか、ふと寂しくなりました。

まるで、その樹で殻を脱いで、そのままその樹で歌をうたい、その樹の樹液を吸って、時が満ちて自分の脱いだ殻の脇へぽつんと落ちた。

そんな風に見えました。

蝉にも魂はあるのかな。
土に還って、お世話になった樹の栄養になるんだね。

神様はなんにも無駄にはしないんだね。

夏もそろそろ帰り仕度。