今日、小さな公園の中で、根元が恐竜の足のような巨大な樹から、黄金の葉が雨のように降っているのを見ました。

ちょうど真下に小さな木のベンチがあったので腰を下ろし、かさかさと身体に当たるその枯葉の感覚を楽しみました。

晩秋にしては生暖かい風に吹かれて、しばらく足もとに落ちる葉っぱを見ていたら、ふとあることに気がつきました。

 

葉っぱって、樹の形なんだなぁって。

 

自然てすごいね。

img_1760