休日が好きだ。

自分が休めるからじゃない。
休んでる街が好きなのだ。

朝歩いていても
通勤、通学の人たちがいないから、
自分の足の遅さが気にならない。

その代わりに、犬を連れてのんびりと
散歩している人とすれ違う。

人も車も少ないせいだろう、
鳥の声がはっきりと大きく聞こえるのが楽しい。

工場も休みだから空気もおいしい。

街全体がのんびりあくびをしている。

いつもより一層だれているように感じる近所の猫を眺めながら狭い路地を抜けると、教会のある小さな公園に出た。
牧師さんが花に水をあげているけど、
今日は礼拝はあるのかな。

秋風を肌に楽しみながら、澄んだ秋空にかかる大きな十字架を見上げていると、後ろから走ってきた人に追い抜かれた。
でも、いつもみたいに会社に遅刻しそうなのではなく、
ジョギングを楽しんでいるのだ。

車輪のついた、旅行用のケースをなかよく並んで
ころがしているカップルはどこに行くのだろう。
温泉、いや、若いから海外旅行かな。

歩道に沿って植えてある色とりどりの花壇と、
季節外れの蝶を愛でながら駅に向かって歩いていくと、
家族連れが増えてきた。

普段着がちょっとさまにならないお父さんはお疲れ気味だが、奥さんと子供は生き生きとしている。

みんな遊びに行くのだ。

休みの日は、そんな人たちが周りにいる。

なまけものの僕は、なんかほっとするのである。